スタッフブログ

夏至の日

2020.06.20

      土地の伝統と自然に目を向けましょう!

毎年6月21日頃に、北半球では夏至を迎えます。
 夏至は、1年で最も昼の時間が長くなる日です。この時間は、「夏至祭」が催しされます。
日照時間の少ない国では、太陽の恵みを存分に楽しむ時です。
北欧では、樹木の花で飾った柱を野外に立ててその周りで踊ったり、焚火を焚いて祝います。縁起をかつぐためであったり、大切な人と自然の中で過ごす時であったり、豊作を願うためであるなど、様々な意味があります。

 この頃日本では梅雨の時期に当たります。田植えをするころで、「中田植え」という五穀豊穣を願う田植え祭りなどが行われます。
国や地域によって風土は異なり、時節の捉え方は様々ですが、その土地の伝統には、自然と生活の結びつきがあります。
 普段、忙しく働く私たちの体の資本となる食を含め、生活をするためのすべてのものは、自然によって生かされ存在しているのです。
夏至という節目に、私たちを取り巻く自然に目を向けてはいかがでしょうか。







CONTACT お問い合わせ