スタッフブログ

道の日

2020.08.10

       道路への感謝を深めましょう!

国土交通省は、昭和61年度に道路の意義や重要性について知らせることを目的として、8月10日を「道の日」に制定しました。
 その理由は、大正9年8月10日に、日本で最初の道路整備についての長期計画である第1次道路改良計画が実施されたからだといわれています。
道路は、毎日の生活に欠かすことのできないものです。とはいえ、あまりにも身近な存在になり過ぎて、その重要性を見過ごしてはいないでしょうか。

 日本の道路の総延長距離は、およそ120万キロで世界第6位です。但し、日本の道路より道路の長い国は、ほぼ国土の広大な大国です。道路密度を世界の国々と比べてみると、我が国は世界で2番目に道路整備が進んでいることがわかります。
アスファルトの寿命は、交通量や地盤にもよりますが、約10年程度です。また、高速道路では、40年程度の寿命だといわれています。

道路を長い期間使うためにも、急ブレーキをかけないように運転をするなどの心がけが、『道』への感謝の表し方なのかもしれません。

CONTACT お問い合わせ