スタッフブログ

ユニバーサルデザイン

2020.08.13

      豊かな社会づくりに貢献しましょう!


 本日8月13日は、「左利きの日」です。
1992年、イギリスのレフトハンドクラブという団体が、左利きの人たちの生活環境向上を目指して、道具メーカーへ要望し制定されました。

日本では古くから左右を表わす言葉に、弓手(左手)と馬手(右手)があります。弓を持つ手と、馬を操る手綱を持つことで、武具を扱う利き手がそのまま言葉に表わされています。
武具に限らず、世の中の道具は基本的に右利き用に作られています。一般に左利きの人は少数派で、日常生活で不便さを感じるケースもあるようです。そこで、ユニバーサルデザインと呼ばれる、どちらが利き手でも使える道具が生まれました。

 また、子供や高齢者、体の不自由な人、日本語がよくわからない外国人など、誰もがわかりやすく、安全に、安心して使える様々なものが開発されています。どのような人にとっても困ることがない、世の中を築いていきたいものです。

CONTACT お問い合わせ