スタッフブログ

月を愛でる

2020.09.30

     大自然に親しむ心の余裕を持ちましょう

 明日は、中秋の名月です。旧暦の8月15日を中秋といいます。旧暦における秋は7月から9月で、8月15日がちょうど三ヶ月間の真ん中にあたるからです。
月の満ち欠けを基準にしていた旧暦では、各月の15日には満月かそれに近い状態となり、特に中秋の満月は1年の中でも、最も美しいといわれてきました。この中秋の満月を観月する風習を「お月見」といい、元々は「中秋節」という中国の習慣が、平安時代に日本に伝わってきたものです。

当初は貴族の間での行事でしたが、江戸時代には庶民にまで広がりました。農作物の収穫時期と重なるため収穫祭としての意味合いが強くなり、収穫への喜びを分かち合い、大自然に宿る神々へ感謝を捧げる習慣として定着しました。

 1969年7月20日、アメリカのアポロ11号計画による有人月面着陸の成功により、月は科学技術をもって人類の手が及ぶ範囲となりました。
ウサギやかぐや姫が存在しないことは明白となりましたが、漆黒の闇に浮かぶ美しい月を愛でる気持ちは持ち続けたいものです。

CONTACT お問い合わせ