社員の声

INTERVIEW
人を知る

1・なぜ金城電気工事を志望したのですか?
将来社会貢献できる職業に就きたいと思っており、その中で私の通っていた高校が工業系の学校で、電気分野を学んだ際ものづくりに興味を持ち、挑戦したいと思い志望しました。
2・今の業務内容を教えてください。
現在は外構工事の現場で上司の指導のもと、施工図の作成・修正や職人さんへの作業指示などの現場管理業務を行っています。今は上司に指示を仰ぎながら現場担当業務を行っていますが、一日でも早く仕事を覚えて現場を任せてもらえるように日々努力しています。
3・仕事で苦労した(している)大変だったことはありますか?
JWCADの使い方や電気以外の建築関係とその用語を覚えるのが大変でした。
4・会社の魅力・好きなところはなんですか?
創業65年の信頼と実績、上司・先輩方の皆さんが温厚で社員同士の仲がいいところです。 また、仕事だけでなく、ゴルフコンペ、バーベキュー、社員旅行等社内イベントがたくさんあるところです。
5・就職を考えている方にメッセージをお願いします。
仲間と協力しながらカタチにしていくこの仕事は、やりがいがあり達成感を得ることができます。また、工事が完成し建物内や外灯に明かりが灯った時の達成感はとても大きいです。ぜひこの達成感を味わいませんか。私たち金城電気工事の社員一同は皆さんの応募をお待ちしています。
1・なぜ金城電気工事を志望したのですか?
幼少時から、身近に建築・電力関連の仕事をしている方々の姿を見たり、話を聞いてきたことが「電気」というものに興味を持ち、同時に面白そうだと感じたのがこの仕事と出会ったキッカケです。
2・今の業務内容を教えてください。
現在は施工管理を担当していて、現場代理人としてあちこちの現場を任されています。例えば工場の大規模改修での電気工事全般を請け負い、関連会社との調整、資材調達、安全管理など現場代理人の仕事は多岐にわたります。
3・仕事で苦労した(している)大変だったことはありますか?
現場代理人として担当していた現場で、工程が遅れて間に合うかなと弱気になった際、職人さんが「終わらない現場はない」と言いながら黙々と作業をして、何とか間に合わせることができました。どんなに苦労しても現場は必ず終わると思えた一瞬でした。
4・会社の魅力・好きなところはなんですか?
弊社は、とても人を大切にする会社です。“社員が満足できなければ能力を十分に発揮できるはずがない”という考え方なので、恵まれた環境で自分を磨くことに専念できていると思います。
5・就職を考えている方にメッセージをお願いします。
伝えないと伝わらないのが建設業です。どの仕事も同じですが、分からないことを分からないと言え、失敗を素直に謝ることができる元気の良い人が求められていると思います。建設業は自分の担当した建物が後世に残る誇りを持てる仕事です。金城電気工事に入社することがあれば,一緒に頑張っていきましょう!
1・なぜ金城電気工事を志望したのですか?
施工管理について専門学校時代に興味を持ち調べっていたところ、求人で金城電気工事(株)を見つけ入社志望しました。 また、決め手になったのは面接に行った際に感じた、壁を感じない雰囲気に惹かれたことです。
2・今の業務内容を教えてください。
現場での安全管理・施工図作成等の電気施工管理業務を行っております。
3・仕事で苦労した(している)大変だったことはありますか?
工程管理・進捗管理に合わせた対応が、重要になってくるので現場を把握する難しさを痛感しています。
4・会社の魅力・好きなところはなんですか?
自ら考え行動できる人材に成長できる土台ができており、上司や先輩方のバックアップを受けながら成長していける会社だと感じております。 また、年齢立場関係なく仕事の話や雑談など、気さくに話しかけられる環境の会社です。
5・就職を考えている方にメッセージをお願いします。
就職は人生で重要なポイントです。当社は、自分自身を成長させてくれる会社ですので、入社した際には一緒に成長していきましょう。
1・なぜ金城電気工事を志望したのですか?
元々は他業種からの転職として入社しましたが、技術を持っていれば長く仕事ができるという理由と、県内で多数の公共工事と民間工事の実績があること、創業から長い歴史があるということが多くのお客様からの信頼の証であると感じたことも大きな決め手でした。
2・今の業務内容を教えてください
営業部に所属し積算と見積書作成、公共工事の入札対応やお客様への訪問等を行っています。
3・仕事で苦労した(している)大変だったことはありますか?
規模の大きい物件の積算は大変です。しかしその物件の見積書を提出する際や受注に至った時は大変だった分、嬉しさも大きいですし、やりがいとして自身の支えになっていると思います。
4・会社の魅力・好きなところはなんですか?
私自身は工業高校や専門学校、職業訓練校を卒業したわけでなく、電気について全くの素人として入社しましたが、そんな私を根気よく教えてくれる上司や先輩、同僚にはとても感謝しています。そんな金城電気工事株式会社の社員が会社の魅力であり好きな部分です。
5・就職を考えている方にメッセージをお願いします。
業界の現状として、人手不足と謳われています。しかし、その状況がこれから就職をする方々にはチャンスだと思っていただきたいです。努力で誰にでも活躍できるような未来があるというのが業界の現状であり、その状況を踏まえたうえで、100年企業を目指す弊社の社員として活躍していただきたいです。

「職人」ではない「施工管理」という技術職の仕事

当社は、電気設備の施工管理を行なっています。
「電気工事」というと、「工事をする人(職人)」を思い浮かべる人が多いかと思いますが、現場をまとめる「施工管理」という業務が主な仕事です。
施工管理の内容としては、建築の現場所長、施主、設計会社の方等と打合せを行い、施工図を作成し、その図面どおりに職人の方に作業をしていただくのが主な仕事です。
また、材料の手配・発注、労務管理、品質管理、工程管理、安全管理、原価管理などもこの「施工管理業務」に含まれます。

1日の仕事の流れは人それぞれ。社員の平均的な1日を見てみましょう。

8:00 担当現場で朝礼
現場では一日の流れを職人さんに説明します。
その後、施工していない場所が無いかチェックします。
12:00 帰社後 昼食
13:00 図面作成
図面やその他必要書類などの事務的作業を行います。
14:00 電話による業者手配、社内打ち合せ
業者の方の手配や打ち合せ業務も、本社にいる時間を上手に使って行います。
16:00 担当現場の終了のチェック
担当の現場作業が終わるころに、指示通りの仕事ができているか確認します。
電話で確認を済ませつ場合が多いです。
17:00 勤務終了
当日の作業内容を日報にまとめ、工具の片付けや翌日の準備をしたら、勤務終了となります。会社の通常の就業時刻は8:00-17:00ですが、案件が立て込んでいる時期は、もっと遅い時間になることもあります。

このスケジュールは、新築工事を1件担当している場合です。大きな現場の時は、現場に常駐になることもあります。 現場には担当者が「居る必要がある時」「居る必要がない時」が必ずあるので、1日中ずっと現場にいるのではなく、他の現場も並行して担当します。

CONTACT お問い合わせ