スタッフブログ

那覇市は「マグロ」の街

2021.10.08

皆さん、10月10日は何の日かご存知ですか?
「10月10日」は、まぐろの日!

沖縄県は近海に漁場があることから、全国的にも有数な生鮮マグロの産地となっています。特に、那覇市は県内のマグロ水揚げ量の約半数を占めており、2010年には同市の魚としても制定。2018年7月にはマグロの拠点産地として那覇市が認定されました。
冷凍マグロが主流となっている中、沖縄県は全国有数の生鮮マグロの産地であり、本市の泊漁港には年間を通して、県内生産量の半数近くの生鮮マグロが水揚げされております。
また、平成30年7月には、消費者や市場から信頼される産地として、県から「マグロ類の拠点産地」に認定されました。

那覇市内で水揚げされるマグロの種類は、主に「ビンナガマグロ(トンボマグロ)」、「キハダマグロ」、「メバチマグロ」、「クロマグロ(ホンマグロ)」の4つ。それぞれ、旬の時期がずれており、通年で新鮮な“生鮮マグロを食べることが出来ます。

毎年10月10日はマグロの日。この日に合わせて、沖縄県那覇市の新鮮でおいしい「なはまぐろ」を、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?


CONTACT お問い合わせ