スタッフブログ

10月21日は「あかりの日」

2021.10.21

「あかりの日」

「あかりの日」は、アメリカのトーマス・エジソンが世界で初めて実用的な電球を作った 1879年(明治12年)10月21日にちなんで制定されました。

最初に白熱電球を発明したのはジョセフ・スワンという科学者でした。しかし、スワンの電球のフィラメントでは発光時間が短かったため、エジソンは実用性を目指して改良に励み、様々な材料で実験を繰り返しました。

ある時、研究室にあった扇子に目が留まりました。その骨組みの竹でフィラメントを作ってみると、それまでのどの材料より発光時間が長くなったのです。
竹に着目し、最適な竹を求めて世界中を調査し、収集したエジソンが探し当てたのが、現在の京都府八幡市の男山周辺に生えている真竹でした。
この真竹でフィラメントを発光させると、1200時間以上の点灯を記録したのです。

私たちの暮らしに欠かすことのできない『あかり』は、古来より重要な役割を担ってきました。昼夜を問わず人々が活動できるのも『あかり』のおかげです。
日々の生活を照らしてくれる『あかり』に感謝を向けたいものです。




令和3年度 全国労働衛生週間

2021.10.01

令和3年度 全国労働衛生週間

全国労働衛生週間は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間です。
昭和25年に第1回が実施されて以来、本年で第72回を迎えます。
この機会に自主的な労働衛生管理活動の大切さを見直し、積極的に健康づくりに取り組んでみましょう。

≪スロ-ガン≫
全体(主)スローガン:
向き合おう! こころとからだの 健康管理
副スローガン:
うつらぬうつさぬルールとともに みんなで守る健康職場
期間
10 月1日(金)~10 月7日(日)
全国労働衛生週間の実効を上げるため、9月1日から9月 30 日までを準備期間 とする。

最新記事

  • New

    2023.05.19

    『建設産業合同企業説明会2023』参加のお知らせ

  • New

    2023.05.11

    令和5年 春の全国交通安全運動

  • New

    2023.04.09

    リファラル採用はじめます!

アーカイブ