スタッフブログ

職場体験の高校生から学ぶ✨

2022.09.22

皆さまこんにちは♪♬
人事担当の大城です(*^^*)

ここ沖縄も少しずつ、秋の気配が感じられるようになりましたね✨
「○○の秋」と言いますが、皆さまはどんな秋を真っ先に思い浮かべますか?
私は断然、
「食欲の秋」です(#^^#)

ここ数ヶ月、息子の大会の応援で県外に行く機会が多くあり
ご当地の美味しいお料理やお酒を頂く楽しみを覚えてしまいました✨
これを息子たちが自立した後の趣味にしようかと今からワクワクしているところです✨

さて…またもや今回も前置きが長くなりましたが

先日、沖縄工業高等学校2年生の生徒さん2名が
三日間職場体験で弊社に来てくれましたよ♪♬

社内では会社と仕事内容の説明やビジネスマナー、座談会やCAD体験等、
また、公共工事2箇所の現場見学も実施し職業理解を深めてもらいました。



緊張しながらも、教わったことをすぐに実践する素直さや
我々の話を熱心に聴き質問したりメモをとる姿に
なんだかいつの間にか忘れて置いてきた大事なものを思い出させる感覚でした✨

更に、私にとっては入社して初めての職場体験受け入れが息子たちとほぼ同い年の生徒さんだったので、
ついつい想いも重なってしまいましたね(^▽^;)

今回弊社に職場体験に来られた沖縄工業高等学校のお2人、
我々にとっても有意義で勉強になる三日間でした✨
将来の夢や目標を叶える為にこれからも頑張って下さいね(*^^*)
ありがとうございました(*^^*)

シークヮーサーの日

2022.09.22

9月22日は「シークヮーサー」の日。

沖縄ではシークヮーサーなどの伝統的なかんきつ類を総称して「クニブ」(九年母)と呼ぶことから、語呂に合わせ、記念日となっている。

ミカン科の柑橘類「シークヮーサー」→和名では「ヒラミレモン」と呼び、沖縄の方言で「シー(酸っぱい)」、「クヮーサー(食べさせる)」を意味しています。


シークヮーサーとは、沖縄の大宜味村(おおぎみそん)や、名護市勝山でさかんに栽培されていて、大きさは直径3~5cmぐらいで、熟した果実は酸味がレモンやすだちほど強くないのが特徴です。収穫はじめの9月頃〜は、緑色の果皮で酸味があるため、焼き魚や揚げ物などにかけて使ったり、泡盛に入れたり。また、冬になると熟した果実は黄色くなり、甘みもあるのでそのまま食べることもできますよ!

シークヮーサーの栄養価は高く「天然クエン酸」を豊富に含み、「ノビレチン」という独自の健康成分が多く含まれていることも最近の研究で明らかになりました。「ノビレチン」は排尿障害や1型アレルギー(花粉症)など様々な症状に効く事が最新の研究結果で報告されています。シークヮーサーの果実は、直径3~5cmと小ぶりですが、生活習慣病に不安を持つ現代人に適した効能がたっぷり詰まった、とっておきの果物なんです。

令和4年度 秋の全国交通安全運動

2022.09.21

ハイサイ!!グスヨー

9月になり、朝夕は少し涼しくなっています。ですが、まだまだ日中は気温30度を超える暑さとなってます。
熱中症対策をしっかり行っていきましょう。

さて、今回は、
令和4年9月21日(水)~9月30日(金)の10日間、全国一斉に「令和4年秋の全国交通安全運動」が実施されます。
なお、9月30日は交通事故死ゼロを目指す日です。

本運動では、全国統一の項目として「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保」「夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶」「自転車の交通ルール遵守の徹底」が掲げられております。
 本運動の趣旨を御理解の上、県民総ぐるみで交通安全運動に取り組み、交通事故のない、安全で安心な沖縄県を築きましょう。

なお、依然として新型コロナウイルスの感染拡大が危惧されています。交通安全講習などを企画する場合、大人数で密集して受講したり閉鎖空間での講習は避け、体温の測定やマスク・消毒など感染予防対策を徹底してください。


《全国重点》(全国統一の重点項目)
  (1)子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保
  (2)夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶
  (3)自転車の交通ルール遵守の徹底

事業所では、交通安全運動の機会をとらえて、横断歩道における歩行者保護の徹底、薄暮早目の点灯、シートベルトの着用チェック、飲酒運転根絶に向けた運転者教育、点呼時におけるアルコール検知器の使用徹底などに取り組みましょう。

運動のスローガン
  「自転車も ルールを守る ドライバー」

令和4年度 全国労働衛生週間

2022.09.01

令和4年度 全国労働衛生週間


全国労働衛生週間は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間です。
昭和25年に第1回が実施されて以来、本年で第73回を迎えます。
この機会に自主的な労働衛生管理活動の大切さを見直し、積極的に健康づくりに取り組んでみましょう。

今年も、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、いわゆる“3つの密”((1)密閉、(2)密集、(3)密接)を避けることを徹底しつつ、各事業場の労使協力のもと、全国労働衛生週間を実施します。

≪スロ-ガン≫
「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」

期間
10 月1日(土)~10 月7日(金)
全国労働衛生週間の実効を上げるため、9月1日から9月 30 日までを準備期間 とする。

防災の日

2022.09.01

9月1日(火)は「防災の日」です。 

防災の日は、1923年9月1日に発生した関東大震災に由来しています。

「防災の日」及び「防災週間」では、防災について考える1つの契機となっており、全国各地で防災訓練や防災知識を普及・啓発するための行事などが行われております。

◆ハザードマップで事前に自分の周囲に起こる可能性がある
災害や
避難場所・避難経確認をして自然災害に備えましょう



災害が起こったときにどこに避難をするか、誰に連絡をするかその手段などを具体的に、家族で話し合うといいかもしれません。
緊急時は全員が同じ場所にいるとは限りませんから、さまざまなケースを想定して
共有しましょう
合わせて、いざというときに必要な「防災グッズ」、準備している方もそうでない方もいま一度、必要な備えを確認してみましょう!

最新記事

  • New

    2022.12.01

    令和4年度 建設業年末年始労働災害防止強調期間

  • New

    2022.11.30

    大学のスポーツチームから学ぶ理想的な組織の在り方✨

  • New

    2022.11.15

    ”エニアグラム研修(in 社内研修会) ”を終えて✨

アーカイブ