スタッフブログ

大学のスポーツチームから学ぶ理想的な組織の在り方✨

2022.11.30

皆さまおはようございます♪♬
人事担当の大城です(*^▽^*)

サッカーW杯も盛り上がっていますねぇ♪♬
今朝出勤前に長男から、
「お母さん、○○のチームにイケメンいるよ!!!」と言われ
「コイツ、母のこと解ってるなぁ‥」と妙に感心してしまった朝の一幕でしたが…
皆さまお元気にお過ごしでしょうか(^▽^;)

さて、先日長男の推薦入試同行の為県外に行った際に
「理念経営ってこーゆーことだよねぇ✨」と感銘を受けたことがあったのでこの場でお伝えしますね♪♬

長男が志望している大学は車がないとやや不便な場所にあり
先月のオープンキャンパス時もそうでしたが同じ沖縄出身の大学4年生の先輩が送迎をしてくれたんですね。

そこで感謝の意を込めご馳走しようと
滞在最終日に一緒に夕飯を食べることになったんです。

その際に彼は大学のチームについて次のように話しました。
「僕らは『いかにキーパーが止めやすいようにディフェンスするか』を大切にするチームなんです。
だから、10-9でなく1-0で勝つことを常に意識して練習し試合に臨んでいるんです。」と✨

長男は小中高校と同じスポーツにほぼ同じチームメイトで競技に励んできましたが
このような考え方で取り組んだ経験は一度もありませんでした。

親として、長男が務めるポジションが尊重されるチーム方針に期待感が増したと同時に、
”理念経営”や”ミッション””ビジョン””パーパス”の重要性を学んでいる人事としては
チームの理念や方針、価値観が末端まで浸透し、言語化して的確に第三者にまで伝えられていることに
心の底から感銘を受けたんです✨

また、キャリア論の第一人者である高橋俊介氏(慶応義塾大学SFC研究所 上席所員)のご講話や著書では
ビジネス変化の激しい現代においては、
「野球型組織からサッカー・ラグビー型組織への転換が重要」だとありました。

現代は、監督が一人ひとりにサインを出したり要所要所で試合を止め指示を出す野球型組織よりも
チーム理念や方針、戦法をより落とし込むことを重視し
ホイッスルが鳴ったら選手一人ひとりがそれを基に自ら状況判断してプレーするサッカーやラグビー型組織への移行が望ましいとのこと。
これこそ”理念経営”ですよねぇ✨

大学のスポーツチームにおいても、現代に求められる理想的な組織構築がなされていることに感心しつつ
まさか、思いもよらず息子の受験に際しこのような学びがあるとは…と目から鱗な体験でした(*´▽`*)✨✨✨

更に冒頭の続きでは、チームの理念や方針は
現役時代に海外チームに所属していた前監督(現シンガポール代表監督)が持ち込んだもので
日本だけに留まらない高い視点と広い視野であることにも感動✨

そのような組織文化がある為、
日本の大学チームでは珍しく(コロナ前は頻繁に)海外へ遠征に行ったり海外チームを受け入れたり、
また、在学中に単身海外チームに短期移籍することも出来たり、
チームメイトには留学生も数名いるので競技や寝食を共にすることで異文化理解も出来たり、
私の教育方針に何とも合致するチームの特色に、鳥肌が立つほど感動した次第です(*´▽`*)✨✨✨

はい✨これについてはいち個人としても、母としても長年重視し
人事領域においても重視されているキーワード”多様性(ダイバーシティ)”なんです(*´▽`*)✨✨✨

まったくのプライベートに、
人材育成や組織開発で注目されている事柄がふんだんに登場していた事に気づき
私の信条でもある「何事も学び(何事からも学ぶ)」をより実感致しました(*'▽')
K君、受験のサポートから私の学びまで、本当にありがとう(*'▽')

さて、本日は合格発表!!!
普段勤務中はほとんど確認しないスマホを既に5回は確認しソワソワしている今日この頃です。。

季節の変わり目ですので皆さま風邪など引かないよう気を付けましょうね♪♬


”エニアグラム研修(in 社内研修会) ”を終えて✨

2022.11.15

皆さまこんにちは♪♬
金城電気工事人事担当の大城です(#^.^#)

11月も中旬に差し掛かりますが、
夏の定番”かりゆしウェア”をいつまで着るか…毎朝小さな取捨選択に迫られております。。

さて、去った先々週土曜日に弊社の社内研修会をようやく実施することが出来ました!!!
本来であれば、期首が始まって1ヶ月経った辺りで実施しているのですが(私は一度しか経験してませんが)
コロナ感染が収まらない状況だった為、延期、延期を繰り返しようやく先日実施に至ったわけです💦

例年実施している社内研修会ですが
今期の社内研修会は人事担当として入社して初めて任された一年通しての教育研修計画の一環で
わたしにとって特別✨で格別✨だったのです✨✨

今期の教育研修計画のねらいはズバリ”土を耕す”✨✨✨
人事的にかっこよく言うと”組織開発”ですかねぇ✨✨✨
今期迎える創業70周年、設立50周年の節目にあたり、
今一度想いや価値観、方向性を一つにしましょう!!!という意味合いで計画したスタートダッシュが、
今回の社内研修会内のプログラム『エニアグラム研修』だったんです♪♬

(ご存知の方はいらっしゃると思うので説明は省きます)
前職の就職支援に携わっていた際に2度ほどエニアグラム研修を受講したのですが
(ここ小声→)講師と相性が合わなかったからかエニアグラムに良いイメージは、実は無かったんです。

ところがどっこい(死語?)
昨年たまたま受講したセミナーで初めてお目に掛かった今回のエニアグラム研修講師
株式会社ワダチラボ 代表取締役社長 福島知加様の手に掛かると
あらまぁびっくり(昭和チック?)
腑に落ちまくり、腹落ちしまくりで、内省して”うちあたい(沖縄方言で「後ろめたく思い恥じる」の意)”しまくりでしたよ(^▽^;)

その一つに、研修のワークで「ここ1週間で怒ったことは何ですか?」「あなたの理想はどうして欲しかったのでしょうか?」
という質問があり過去1週間を振り返って息子たちとのやり取りを記入したんですね。

特段変わった内容ではなかったんですが…
わたしの怒りの本質に目を向けると『自分が出来ていないのに人に注意するなんてあり得ない』だったのです!!!
それに気づいた途端、過去に♪プレイバック♬(今日は昭和頻発)でした(;'∀')

実はわたし、小学生の頃から学級長やバレー部のキャプテン(小中高校)等を務めていたのですが
事あるごとに先生や顧問から、人に厳しく指導出来ないことに注意を受けていたんですね。

それには『わたし自身が完璧に出来てもいないのに人に強くなんて言えない』という確固たる理由があったんですが
真向から主張する勇気もなく、『人に厳しく注意する為に自分は人一倍も二倍も三倍もめちゃめちゃ無理する』ことで足搔いていた始末。。。(;'∀')
本末転倒と言うか何と言うか。。。(;'∀')
高校生の頃は疲労骨折したり、試合直後倒れたり、なんだか踏んだり蹴ったりで。。。(;'∀')

そんな過去を振り返り全細胞で深く頷きながら
そのわたしの”~するべき”は全人類共通ではなく、
相手は相手で様々な”~するべき”があって、
「わたしは~だと思うけど、あなたはどう思う?」と対話することが大切なんですね(*'▽')

金子みすゞの『みんなちがって、みんないい』を思い出し、心に染み入りました✨

前述の話に戻ると、
社会に出れば自分のことを棚に上げてなんなら無かったことにする大人の方が多いと判明し
また、プライベートや前職の就職支援ではわたし流のリーダーシップが功を奏する機会にも恵まれ
今では「めちゃめちゃ無理して人に厳しく注意しようとする」ことを止めました(^▽^;)

驚くことに人事関連の勉強をすると
これからの時代、リーダーに求められるのは以前の「管理」や「指導」ではなく
「共感」や「支援」だと言うじゃないですか。

現代に生まれれば良かった……💦
なんて思ったり(;'∀')

本題のタイプ診断においても
わたしはタイプ4に、生い立ちから影響されたであろうタイプ2も当てはまることが解ったり
タイプ別に社員が分かれてグループを作ると”あるある”話で盛り上がって
日頃見られない社員の表情や考えを垣間見ることが出来ました✨

ですがただ研修して終わり、ではなく
「お互いの特性を理解し、活かし、社員個人と会社全体の力を最大化する」為に
これをスタートとして今後、部門内や社内に仕組化して落とし込んでいこうと考えております。

最後に、美しいビジュアルと明るく親しみやすいキャラで
研修を大いに盛り上げて下さった講師の福島先生♡(大好きです(〃▽〃)ポッ)
度々の日程変更にも快く対応して下さり心より感謝致します✨ありがとうございました✨
また次回の研修も引き続きお願いしますね(*^▽^*)

さて、今期の教育研修はまだまだこれから!!!
新型コロナウイルスと上手く共存しながら、人事大城、頑張りまーす!!!



2022年 秋 の 全 国 火 災 予 防 運 動

2022.11.09

【秋の火災予防運動の実施について】

1 目的
この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を
図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、
財産の損失を防ぐことを目的とする。

2 防火標語(2022 年度全国統一防火標語)
『お出かけは マスク戸締り 火の用心』

3 実施期間
令和4年 11 月9日(水)から 11 月 15 日(火)までの7日間


4 重点目標
⑴ 住宅防火対策の推進
⑵ 乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進
⑶ 木造飲食店等が密集する地域に対する防火指導の推進
⑷ 放火火災防止対策の推進
⑸ 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
⑹ 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
⑺ 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底

沖縄県建設業完成工事高ランキング2021年度

2022.11.01

沖縄県建設業完成工事高ランキング
2021年度沖縄県建設業完成工事高ランキングが掲載されました!

プレスリリース

■2022年10月29日 新聞  
・沖縄タイムス社に掲載    ・琉球新報社に掲載
                                    

11月1日は「泡盛の日」!

2022.11.01

「泡盛の日」!

泡盛製造の最盛期に入る11月1日を「いい月いい日」にかけて『泡盛の日』としたもので、
1989年、沖縄県酒造組合連合会によって制定されました。
この日、県内外で泡盛のさらなる普及を目指し泡盛品評会、泡盛きき酒会など、各種イベントが行われています。

「泡盛」といっても、沖縄県内だけでも種類は豊富で、沖縄県内には46つの酒造所があります(2017年までは47酒造所)。「泡盛」は「しま」とも呼ばれ、離島ごとに独自の泡盛があるともいわれています。中にはその島でしか手に入らない「幻の泡盛」と呼ばれるものもあり、そんな幻の泡盛を含めて、沖縄全ての酒造所の泡盛を試飲ならびに購入できるのが、「泡盛の日イベント」の見所です。


沖縄の県民酒「泡盛」を最も美味しく味わえる11月。11月1日の「泡盛の日」には沖縄各地でさまざまな泡盛イベントが開催されますので、会場に足を運んで、美味しい泡盛をたくさん味わいましょう!

最新記事

  • New

    2023.01.07

    年始式&成人祝い ver 金城電気工事㈱✨

  • New

    2023.01.07

    七草がゆ

  • New

    2023.01.01

    ~令和5年~ あけましておめでとうございます。

アーカイブ